FX投資では追証のリスクがあることを覚えておきましょう

投資に常にあるリスクとして追証といわれるものが存在します。
当然ながら、FXの場合でも避けられないことです。
利益を求めようとしすぎるあまり、あるだけの資金で行おうとすると、証拠金の維持率を下回ってしまうことも、よくあるのです。
そうなると、トレードが思い通りにいかなくなるので、余裕のある資金で運用することが利益に繋がるのです。
FXのシステムトレードというものは前もって売買ルールを決めておき、裁量を交えないで注文する取引方法です。
ツールの使用が多く、取引の時の精神的なストレスを感じにくく、注文をためらわずにすむのが良い点です。
しかし、システムトレードでは、市場の急変に対応しにくいのです。
FX取引におけるスリッページというものはトレーダーにとって不利な価格にすべって約定することを指します。
指値注文などの価格指定の注文を行わず価格指定のない成行注文をして失敗した時に発生します。
相場が激しく動く時に起こることが増えますが、約定力の高いFX業者に取引を任せると発生することが減ります。